セルフケア 病気

膝の痛みを解消するオイルマッサージとは?エミューオイルを試す!

マッサージ

膝の痛みを解消するオイルマッサージとは?

病院で治療をはじめて、、、

変形性膝関節症と診断されて週1回のペースで通院しています。

指定された時間に行くと待合室には毎回多くの患者が診察を待っています。
その多くがほとんど高齢の女性です。
そしてその患者に共通して言えるのが、みんな杖を持っているということです。

高齢になるといかに多くの人が足を悪くして病院に通っているかがわかります。
そのような人達を見るたびに、自分は杖をつかない人生を送りたいなあと思うのです。

母親も待合室で待っている人達と同じく膝の痛みから杖を使うようになりました。
いつか杖から解放される日が来ることを期待して
こうして毎週、病院に来て治療を受けているのです。

でも、、、

なかなか膝の痛みは緩和されません。

オイルマッサージを始める!

そこで、病院の治療以外でも民間療法で緩和できないだろうかと思い
民間療法の情報を探してみました。

すると、ネットで見つけたのが「マッサージオイルで〇〇解消」という情報でした。

使い方は、

「不快なところにマッサージオイル塗り、軽くマッサージするだけ」です。
これならだれでも簡単にできると思い、良さそうな商品を探しました。

そこで見つけたのが、野口医学研究所の「キダ (エミューオイル&MSM配合クリーム) 」でした。

なぜか、エミューオイルという言葉に惹かれ、エミューオイルについて調べてみました。

エミューオイルとは?

エミューオイルはオーストラリア原産のヒクイドリ目エミュー科に属する走鳥類です。
いわゆるダチョウのような鳥です。
その鳥から抽出したオイルはオメガ3とオメガ6の不飽和脂肪酸がバランスよく配合され、人の皮脂と非常に似ているそうです。

そのエミューオイルを使って不快なところをマッサージすると気持ちいいということなので、さっそく注文しました。

数日後、、、

「キダ (エミューオイル&MSM配合クリーム) 」が配達されました。

そこには、こんな方にオススメとありました。

・運動で筋肉を使う方に!
・ふしぶしの動きが気になる方に!
・スムーズに動きたい方に!
・デスクワークが多い方に!

特長としては

・気になるところに直接塗れる。
・無臭でにおいが気にならない。
・ベトつかない。
 

成分は

・グルコサミン(関節の栄養成分)
・MSM(メチルサルフォニルメタン)物質同士を結びつける成分
・エミューオイル国内で飼育された“エミュー”の皮下脂肪から抽出した天然のオイルです。

不飽和脂肪酸やビタミンEなどが豊富に含まれています。

日本国内のプロスポーツ選手もマッサージオイル・マッサージクリームとして使用しているそうです。

特に入浴後の使用は効果的だそうです。

※詳しくは こちらをクリック ↓↓↓

野口医学研究所 キダデラックス エミューオイル&MSM配合クリーム 200g

 

実際に使ってみての感想は?

確かにべとつかず、肌に馴染むように擦り込むことができ、スムーズにマッサージすることができます。
母親の膝全体にエミューオイルを擦り込み、マッサージをしてやりました。
マッサージをすることで不快さが多少緩和しているのかもしれませんが、母親は気持ちよさそうにしています。

気持ちいい状態なら、地道にオイルマッサージを続けていこうと思います。

その後の効果について

1ヶ月ほどオイルマッサージを試してみました。

母親の膝の状態は少し緩和した感じがします。
最初ぬり始めたころは、少し良くなったり、変わらなかったりの繰り返しでした。
2週間くらい続けてエミューオイルを塗ってマッサージをしていたら不快さが・・・

不快さが緩和してきたみたいです。
やっと効果が出始めたかな?
と少し期待をしはじめました。

病院には週1回の診察を受けに行っています。
病院では特に特別な治療はしていません。
問診をして、膝の状態を診察してもらい、電気治療や薬をもらうだけです。

ただ先生は、どうしても痛みが取れないなら、変形性膝関節症の手術をすることも考えないといけない。
と言っています。

しかし、膝の手術にはかなり抵抗があるので、なんとか薬や民間療法で解消したいと思うのです。

膝の手術をして元のように歩けるようになったといいう人もいますが、
手術をしても良くならなかったという人もいるようです。

手術の判断は慎重に考えなければなりません。

まだしばらくは様子をみて
家でエミューオイルを塗ってオイルマッサージやリハビリを続けていこうと思います。

 

-セルフケア, 病気

© 2021 はじめての介護、還暦シニアの生活ブログ!